« 新年会の料理たち | トップページ | 初・味家! »

ロマネスコ:1月7日のライブ

Romanesco04
TC GAKKI Ogawauchuさん撮影

ロマネスコ、初のワンマンライブ、無事に終了しました。ここまで多忙かつ映像編集なんかもやっていたもので、長々ブログ記事を書けずじまいでしたが…。

バンドの現時点でできることを惜しみなく投入しようということで、今まで演奏したことのある曲すべて+新曲、長尺のインストゥルメンタル・ジャム、そしてほぼフルセットの機材を持ってのワンマンライブとしました。新年会など重なりやすい日程かつ、他のバンドさんの集客とかのバックアップがないから、当日どうなることか冷や冷やでしたが…。

当日は、Crawdaddyの皆様のご協力もあって、ロマネスコ謹製カレーも2品出させていただきました。これの仕込みで、ライブ前日だというのに夜中1時までやってたもんで、もうヘロヘロ。

Romanesco01_2
USHIZOさん撮影

キーマ入りチキン・チェティナドゥ:タミル・ナードゥ州南部のチェティナドゥ地方でよく食べられる、八角の利いたカレーにキーマを入れてました。キーマを入れたので、鶏肉を柔らかく仕上げつつも日本米に合う旨味が出た。

Romanesco02
USHIZOさん撮影

パンで食べるムンバイ風マッシュ野菜のカレー:ムンバイの屋台などでポピュラーな、マッシュ野菜のカレー"Bhajji"と西洋風のパンのセット「パオバジ」をイメージしたもの。バターちょい多めでパンに合う味にしています。

これらのカレーが売り切れるほどには来ていただきました。ホント嬉しい。

Romanesco05
Katsuyamaさん撮影

今回は楽器の持ち替えも実に多い。写真のDanElectroダブルネックの他、RM1999ベース、Hammond C-3クローン(足鍵盤も)、Clavinet D6、ARP Soloist、moog Taurusペダル、さらにお店から借りたOvationのアコギまで…!もっというとネパール製やら何やらのパーカッションも。やり過ぎがモットーのライブですから、これくらい使わないとね!

Romanesco03_2
Sotaroさん撮影

ライブは二部構成にして、前半はSide Whiteということで明るい曲が多め・自分の衣装は白、後半はSide Blackということで暗くて長い曲が多め・自分の衣装は黒となっておりました。

セットリスト:

・Immigrant Song~アイスクリーム(約4分)
・笑っちゃうかな(約5分)
・望みの色で(約3分)
・君の素晴らしいところ(約3分)
・ギターソロ~宇宙の彼方へ(約6分)
・赤い瞳 incl. Drum Solo(約8分)
・猫の魔法~Mandrake Root(約18分)

・あやかし(約13分)
・Great King Rat~Tangerine~Soon~海岸線(約8分)
・蛍の森へ(約6分)
・YOUNE(約26分)

うむ…。いかにも70年代的だ!

今回のライブについて、2つのブログで取り上げていただいております。
TC GAKKIのブログ
CURRY DIARY

というわけで、冬の間は充電期間とし、また春先から活動していきます。こんなに大がかりなライブは、またやりたいけど少し先のことになるでしょう。ちょっとメンバーの自力ではキツい…。あとアルバム制作も開始したいです。どもありがとうございました~!

以下、今回のライブ映像が続きます。一部は重複しますが、今回のライブの模様はソフト化します。前半が定点カメラ1台だけでの粗い映像になっているので、ライブ会場にて超安価で提供する形になるかと。


DanElectroのダブルネックを導入。前回マンドリンとベースの持ち替えに苦労したもんで。ベースとギターのダブルネックで、足元にはmoog Taurus…ということは、気分はMike Rutherford (Genesis)ですね。


Susumuのペンによる新曲。この曲のベースを弾くのはなかなか楽しいね!


あの伝説的なロック映画へのオマージュで(さらにいうと、それのオマージュをすでにやっているすかんちに対するリスペクトで)ドラムソロのバックにビリヤードの映像、入れちゃいました。編集やってるとき、ちょうどビリヤードをしにいったもんで。


Deep Purpleっぽい曲でHammond C-3を弾いているんだから、当然後半にはMandrake Rootをやりたくなる…んですが、実はオルガニストはKeith Emersonが一番好きなこととか、結構UKのEddie Jobsonも好きなことがバレてます。


オルガンとシンセとクラビネットのおかげで、元々あったQueenっぽさは皆無。でも、今後はライブではこのアレンジでやろうかなと思いました。録音のときはQueenへのオマージュたっぷりのピアノバージョンに戻しますね。


この曲を作ったのは、かれこれ11年も前。色んなバンドで出しましたけど、日の目を見たのは初めて。実はテストライブでも少しやりましたが。ようやくぴったりのギターパートがつきました♪


YouTubeが長尺映像もアップできるようになってよかった。最後の曲は26分にもおよぶ演奏になりました。Led Zeppelin "Dazed And Confused"風からPink Floyd "Echoes"風になり、謎の儀式を経てBlade Runnerのテーマフレーズが出て、さらにKing Crimson時代のJohn Wetton気分なベースソロ、さらにギターソロという構成は、スタジオリハでこねくり回している内に自然にできてきました。

|

« 新年会の料理たち | トップページ | 初・味家! »

僕の音楽活動!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1249364/43836125

この記事へのトラックバック一覧です: ロマネスコ:1月7日のライブ:

« 新年会の料理たち | トップページ | 初・味家! »