« ネパールの旅 第5話:ポカラを目指すデコボコ旅 | トップページ | ネパールの旅 第7話:空からも海からも »

ネパールの旅 第6話:魚の尾と虎

054

ポカラ2日目の朝、我々はまだ夜空に星が瞬く時間に起きた。

047

実はN女史は、レンタルバイクでサランコットの丘を登る予定だった。残念ながら借りたバイクのプラグがカブっていたのでエンジンの回転が安定せず、全員でホテルの車に乗ってサランコットへ向かった。空が少しずつ白みはじめ、続いて朝焼けが見えてきた。しかし、そんなことよりも我々の目を奪ったのは、

049

当然ヒマラヤだ。もっとも前方に見えるため、標高6993mのマチャプチャレが一番大きく見える。この美しさ…。さすがポカラの象徴だ。その左に位置し、もっとも標高の高いはずのアンナプルナ第I峰(8091m)は、ポカラから見るとあまり目立たない。キラーマウンテンと呼ばれるこの山のこと。まるで闇に潜む暗殺者のような恐ろしさがあるではないか。

048_2

マチャプチャレという名前の由来は、この角度では頂上が二つに分かれているのが見えないので、確認できない。その代り、三角形の左側に、「獲物に襲い掛かる虎が見える」と地元民がいうのを見ることができる。

051

クロースアップした写真で、確認できるだろうか。左側の岩肌に注目してほしい。とがった頂上が耳、その下に頭があり、左の稜線が背中のライン。後足で立ち上がり、両前足を突き出して襲い掛かるところだ。なんとなく納得したのだが、僕にはキツツキにも見える。そうしているうちに、

050

朝日が昇ってきた。

055

アンナプルナ連峰に、雲間から漏れる太陽光がビームになって注ぐ。神々しい美しさ!

056

上を見ると、観光用のグライダーが飛んでいた。

|

« ネパールの旅 第5話:ポカラを目指すデコボコ旅 | トップページ | ネパールの旅 第7話:空からも海からも »

旅行とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1249364/42824750

この記事へのトラックバック一覧です: ネパールの旅 第6話:魚の尾と虎:

« ネパールの旅 第5話:ポカラを目指すデコボコ旅 | トップページ | ネパールの旅 第7話:空からも海からも »