« ネパールの旅 第3話:犬の祭り | トップページ | ネパールの旅 第5話:ポカラを目指すデコボコ旅 »

ネパールの旅 第4話:カトマンドゥを彷徨う

026

犬の祭りの夜が明けた。街には頭にティカ、首にマリーゴールドの花輪という出で立ちの犬が闊歩する。というより、寝転んでいる。

025

何もしてもらえなかった野良犬たちはふて寝をしている。早起きした僕は、こうした犬たちの姿を写真に撮ることを楽しむことにした。インドもそうだが、ネパールには猫はほとんどいない。一方で犬は愛され、自由気ままに生活しているのだ。

027

僕は朝食にアルー・パラタという、スパイスと香菜で味付けしたジャガイモを包んで焼いたインド式のパンを選んだ。添えてあるヨーグルトは味が濃く、パラタを浸して食べるのにもってこいだ。程よい量の朝食である。

028

今日はポカラに発つのだが、まだ時間には余裕があった。そのため、我々はティハールの飾りに彩られたカトマンドゥを散策することにした。

033_2

カトマンドゥにはたくさんの寺院やストゥーパ(仏舎利塔)が存在する。

034

こうしたところで流れている荘厳かつ、どこか心の疲れをいやすようなチベット仏教のマントラを聴きながら、寺院を見て回るのはカトマンドゥを歩く楽しみの一つでもあるのだ。

035

多くの寺院の中には、直径2mはあろうかという巨大なマニ車がある。右回りに回していくと、ちょうど一周したところで鐘が鳴る。3回鐘を鳴らすまで回ることになっているらしい。

031_2

ティハールの季節の街並みは、昼夜を問わず極彩色に彩られ、街の混沌を強調している。ここは本当に魅力的な都市だ。地元民や旅行客の活気は、我々にもエネルギーをおすそ分けしてくれる。

036

これはコインの木。歯痛を治す神様が祭られている。ここでお祈りをすると、少なくともカトマンドゥにいる間は歯の痛みを感じなくなるらしい。また、近くには歯科医院がいくつも見られる。神様にあやかりたいのだろうか。

030_2

市場では日本でもおなじみの野菜もあるが、西瓜ほどもある巨大なキュウリやオタマジャクシのような魚など、ここでしか見られないものもたくさんある。

032

その中でビザエ君が選んで我々に食べさせてくれたのがこの実だ。渋みが強く、果肉は水気のない梨のよう。そう聞くとまったく美味くはなさそうだが、これを食べきった後に飲む水は甘く、とても美味い。

午後になった。カトマンドゥにはしばしの別れを告げ、我々はポカラに出発する。

ネパールでは、行く先々でこのマントラ"Om Mani Pedme Hum"を聴くことになる。これがすっかり脳に焼き付いてしまった旅行客は多いという。

|

« ネパールの旅 第3話:犬の祭り | トップページ | ネパールの旅 第5話:ポカラを目指すデコボコ旅 »

旅行とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1249364/42820549

この記事へのトラックバック一覧です: ネパールの旅 第4話:カトマンドゥを彷徨う:

« ネパールの旅 第3話:犬の祭り | トップページ | ネパールの旅 第5話:ポカラを目指すデコボコ旅 »