« 御会式@鬼子母神 | トップページ | ネパールの旅 第1話:バンコク »

ライブ撮影(GoGoGods/ Leotard Skynyrd)

Ls07

自分自身もバンドでライブをしているせいか、ライブ写真を撮影するのがどうも好きです。出演者ご本人に気に入っていただくと、嬉しくなってより一層撮影に気合が入る。そういうわけで、今では30分につき100回くらいシャッターを切ることもあります。

Ggg00

これは金曜日に観てきたGoGoGods

Ggg01

ライブ撮影となると、デジカメは銀塩カメラを完全に凌駕する使いやすさ。フィルム交換も要らないし、撮れたものをその場でプレビュー出来るから、取り損ねたシーンやメンバーさんのカッコいいところをあとで補完できる。

Ggg04

倒れているところも絵になるギタリスト壮史郎サマ♪

Ggg02

この日は期せずして、バンド15年の歴史(10年間の活動休止含め)で初めてのワンマンライブになりました。皆様のパフォーマンスもカッコよく、楽しくなってパワーアップ。素敵なライブでございました~!ポップな「ぬいぐるみ」は、やっぱ人気あるのね♪今回は演奏しなくて残念、という声が方々からあったみたい。でも、ロックバンドはツンデレ的な手法で以ってポップな曲は扱わねばならぬ。甘い罠なのです。バンドは来年レコーディングをするとのこと。楽しみですね!

Ggg03

何度も見ているバンドは撮りどころが分かってくるから、さらに撮影が楽しくなる。

Ggg05

プレイヤーの表情やポーズの一番カッコいいところを押さえるコツは…やっぱ自分でもライブをすることと、ライブの写真をたくさん見ること。僕は結構小さいころからみてたQueenやLed Zeppelinのお写真をイメージしながら撮ってます。

Ggg06

ありがたいことに、GoGoGodsのお写真は彼らの公式サイトでも扱っていただいております。このブログでも2回ほど記事を書かせていただいております。こちらこちら。ライブシーン以外のアーティスト写真もやってみたいけど、もうちょいポートレートを練習しようっと。

Ls00_2

そして土曜日はハイパーな仲間たちと博多からやってきたLynyrd Skynyrdのトリビュートバンド「Leotard Skynyrd」を観てきました。Slingerlandの70年代、バーチ製ドラムキットをはじめ、機材もすべて博多から(、しかもローディーさんが!)運搬してきたという気合の入りよう!!

Ls01

ギターは2人編成です。ちなみにレーナード・スキナードは1975年から1977年まで、ギタリスト3人だったこともあります。こちらのバンドは7人編成でしたね。

Ls02

もちろん機材にこだわっているだけじゃあありません。そのサウンドも凄い。

Ls03

シンガーGAVAさんの、(もちろん僕が撮った中ではの話だが)本日ベストショット。

Ls04

サウンド、機材、たたずまい…やっぱりトリビュートバンドはこうでなくっちゃ!RS修平さんのMCがまた面白くて、原宿の地名の話に始まってメンバー紹介につなげたりとアクロバティック。

Ls05

推測ですけど、このバンドは「レーナード・スキナードファンじゃないけど、このバンドのファン」って人も少なからずいるはず。ちゃんと押さえるポイントを押さえた上でのバンドの魅力というのを、すっごく感じました。「こうでなくっちゃ」といいつつ、そういうバンドは中々ないもんです。爆音を浴び続けて鼓膜に残るじんわり感すら心地よく感じながら家路についたのでした。僕はレーナードといえば"Sweet Home Alabama"と"Free Bird"っていうくらいのライトなリスナーですが、このバンドはまた観たい!

|

« 御会式@鬼子母神 | トップページ | ネパールの旅 第1話:バンコク »

ライブ観戦記b)トリビュート」カテゴリの記事

ライブ観戦記c)インディーズ」カテゴリの記事

日々の興味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1249364/42644689

この記事へのトラックバック一覧です: ライブ撮影(GoGoGods/ Leotard Skynyrd):

« 御会式@鬼子母神 | トップページ | ネパールの旅 第1話:バンコク »