« ロマネスコ:とりあえず第一歩!(動画あり) | トップページ | Totoに感涙!! »

日本では王道のインドカレー

Curryleaf

再剪定したウチのカレーリーフちゃん。ちょっと高く育て過ぎ、計20㎝ちかく切り戻したんで、今回は芽の育ちがちょっとスローだ。

今回もカレーリーフの写真を出しておきながら、それを使わない料理を作ります。

Shrimp01

ジンガー・ティッカ(エビのタンドゥール焼き)を作って…

Shrimp02

ジンガー・マッカニー(日本のインド料理店で人気のバターチキンのエビバージョン)にしました。もうちょい大ぶりのエビにした方が美味しいかな。





scorpiusジンガー・マッカニー

材料:
大ぶりのブラックタイガー 15匹
タンドゥーリー用(誤用は承知)ペースト
 ヨーグルト 大さじ2
 ジンジャー・ガーリックペースト 大さじ2
 塩 小さじ1.5
 クミン 小さじ1
 ターメリック 小さじ1
 パプリカ 大さじ1
トマト 1kg
バター 50g
ニンニク 4個
ホールスパイスA
 カルダモン 4個
 クローブ 4個
 メース 1片
 シナモン 4cmくらい
ショウガ 3cmくらいの輪切りひとつ
青唐辛子 2本
カシューナッツ 1カップ
牛乳 カシューナッツを入れたカップに満たされるくらい
塩 小さじ2
生クリーム 適宜
ホールスパイスB(ミルサーで粉にする)
 カスリ・メーティ 一掴み
 クローブ 2個
 シナモン 3cmくらい
はちみつ 大さじ1
飾り付け用
ショウガの千切り 適宜
ミルサーでパウダーにしたカスリ・メーティー

下ごしらえ
a)カシューナッツはカップの中で牛乳に浸してやわらかくしておく。
b)ホールスパイスBはミルサーで粉にする
c)エビはハサミで背中に切り込みを入れて殻を外す。こうすると背ワタも簡単に取れる。
d)背ワタを取ったエビを洗い、キッチンペーパーで水気を取ってタンドゥール用ペーストに30分以上漬け込む
e)トマトはざく切り、ニンニクは粗みじん。

oneオーブンを240℃まで温めておく。鍋にバターを取り、焦げないように弱めの中火で熱する。バターを入れ、溶けたらホールスパイスAを入れ、香りが立ったらニンニクを投入。ニンニクに火が通ってきたらトマトを入れる。トマトが柔らかくなったらショウガと青唐辛子を投入。

twoオーブンが温まったらエビを5分焼く。oneのグレイビーをカシューナッツとともにミキサーにかけ、シノワで濾しながら鍋の中に戻す。残ったトマトの皮、カルダモンの殻などなどは、もちろん捨てる。

threeグレイビーを弱火にかけ、粉にしたホールスパイスB、はちみつを入れ、色合いが鮮やかな朱色になる程度まで生クリームを足していく。ここで塩味を調整する。濃度はポタージュ状を目指す。

four焼きあがったエビを入れ、火を止めて全体を馴染ませたら完成。

|

« ロマネスコ:とりあえず第一歩!(動画あり) | トップページ | Totoに感涙!! »

食2:その他マサラ系料理」カテゴリの記事

食5:僕の料理!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1249364/41978265

この記事へのトラックバック一覧です: 日本では王道のインドカレー:

« ロマネスコ:とりあえず第一歩!(動画あり) | トップページ | Totoに感涙!! »