« ポーランドっ娘 | トップページ | ヨーロッパ紀行2010: Day1 »

奏でる人々

P001

ヨーロッパは音楽が文化の大切な一部になっています。日本の文化における音楽の在り方のレベルは、悲しいかな遠く及ばない。というわけで、ポーランドの2都市、スイスのバーゼルで見掛けた、街で音楽を奏でる人々の写真が番外編その2です。クラクフのドラゴンの洞窟近くにて。パイプオルガンのような音で荘厳な音楽を奏でていました。

P002

かわいらしい少年ですが、すでに目つきは玄人そのもの。こんなに小さなアコーディオンでなかなかの名演でした。クラクフにて。

P011

クラクフ中央広場にて、讃美歌…というよりゴスペルな感じのお歌をステージでやってた。

P003

コントラバスとアコーディオンのデュオ。ポーランドはアコーディオンを弾く人がとっても多い。この二人、夫婦かな?

P004

バイオリンとフルート。しゃがんでる女の子もたしかメンバーだったと思う。

P005

ワルシャワ旧市街。バイオリンとチェロのデュオです。

P006

バイオリンとハーディーガーディー。ハーディーガーディーは珍しいね!この楽器を使うだけあってケルト風の音楽を奏でていました。だからバイオリンと呼ばずにフィドルと呼んだ方がいいだろうな。

P007

シンガーとギタリストのデュエット。前に立ってる女の子はお友達だったかな。

P008

ワルシャワにて。女の子3人と男の子ひとり。後ろの女の子はよく見えないけど、なんか打楽器をやっていたような気がする。左のビオラの女の子が凛としていていいね!

P009

スイスのバーゼルにて。トルコ人の兄弟バンド?雨の中、結構大きい音でやっていました。ほのぼのする光景だが、やっている彼らは大変そうだ。

P010

ごめんなさい。奏でていません(笑)。クラクフ中央広場にて、ショパン生誕200周年のプレイエル・グランドピアノのオブジェを弾いてるふり。

|

« ポーランドっ娘 | トップページ | ヨーロッパ紀行2010: Day1 »

旅行とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1249364/36538673

この記事へのトラックバック一覧です: 奏でる人々:

« ポーランドっ娘 | トップページ | ヨーロッパ紀行2010: Day1 »