« 久々にA-rajでディナー。 | トップページ | プロの技…! »

KORG SV-1を試奏

K8_sv173_1

イシバシ楽器でKORG SV-1を試してきました。
長くなるので、「続きを読む」以降に。

・見た目
広告の写真よりは質感が安っぽい。自分で色を塗ってみても良いのでは。
それにしてもPolymoogそっくりの見た目。8つのプリセットキーなんか
特に。
・操作感
ノブがちょっと固いかな。でもクリック感がハッキリしているので、
ライブ中の操作はしやすいかもしれない。
・鍵盤のタッチ
エレピに主眼を置いて作られているので、アコピよりは少々軽めで
弾き易いです。ちゃんと低音部が重く、高音部が軽くなっているし、
ハンマーアクションなのでよい。WurlitzerとRhodesの中間なタッチ。
もちろんClavinet音色は弾き辛いけど…。

・サウンド
a)アコピ
軽いものが多いです。EQで軽くドンシャリにしてあげた方がいい。
ハンマーノイズなども入っていて、そこそこ生々しさもあります。
アコピ系はnord electroに勝っていると思います。
b)Rhodes
中高域が立ち過ぎています。PCM音源のRhodesサウンドはみんなそう。
AMP2を通して、EQは低音を2くらいまで上げて、中音を下げてみる。
…まあ丁度いいかな。高音をやはり2くらいまで上げると、本物みたいに
高域が五月蝿くなってリアル。スピーカーの大きめなキャビネットを
通して出力したい。トーンバーのガナり具合はnordの方がリアルだな。
きっちり音の出口まで責任もって拘れば、ちゃんとリアルな音が作れます。
あと、オートパンはちゃんと台形波のものが装備されていて、ステレオで出力
したら中々Suitcase Pianoに近い感じになると思います。nordとかは正弦波
のオートパンしかついてないんで、物足りないのですよね。左右から交互に
「ゥワッ、ゥワッ」と音が立ち上がってくる感じがないとね!
c)Wurlitzer
これもやはり低域不足。Rhodesもそうだけど、だからといって低音だけ
上げると、高音が潜ってしまう。ここは中音を上げて対処。これもAMP2
を通すのがベターで、好みによりBOOSTもオンにするといいかも。
芸が細かいのが、トップから10鍵分はダンパーが効かないようになっていて、
スタッカートで弾いても音が伸びます。これは実機と同じ!このサウンドは
nordに勝っていると思います。
d)CP-80
う〜ん、これはどうだろ。EQで高域をブーストするとそれっぽくはなります。
しかし何かが足りない。弄ってもあまりピンと来る音にはなりませんでした。
パーカッシブな感じがどうも出てこない…。低音の「ブチューン」という鳴り
も物足りない…。
e)Clavinet
これはもう、ピックアップやフィルターのセッティングを再現できるnordに
全然敵いません。一応エディットを加えてみます。AMP4を通します。これで
生々しさが出てきます。音圧のバランスが実機と逆で、高音側の方が強い
のと、低音の弦鳴りが小さめ。なので中高音はEQの高音を下げた方がいいけど
そうすると低音の生々しさが失われる…。色々やってバランスがよかったのは
EQの低音を2まで上げ、中音を1まで上げ、高音は-3まで下げるセッティング。
AMP4のゲインは4まで上げました。歪むけどマシになります。ブースターは
逆効果です。
なお、4種類のセッティングがプリセットされていますが、1番目だけで充分。
しかし今までのKORG製品に入っていたClavinetの音よりは随分良くなりました。
5番目はHohner Pianetかな?実機よりかなり薄味のサウンドで、人気は出ない
と思いますが、面白いセレクションです。
6番目にはRMI Rock-Si-Chordの音が入っています。リアル度はもうちょっとな
感じですが、アンサンブルでの抜けは実機より良さそう!
f)オルガン系
これは全滅。ドローバーのセッティング自体、美味しいものが少ない。
そもそもレジストレーションをリアルタイムコントロールできないん
だから…。Leslieシミュレーターも出来が悪い。VOXオルガンだけは
商標をもっているからか、使えるレベルの音が出ます。しかしこれも
nord electro3の勝ちですね…。
e)Mellotron 3 violins
なんとメロトロン・ストリングスも収録されています。原音だとPCMシンセの
ストリングスっぽすぎて「ん〜?」という感じなのですが、AMP3を通すと
Mellotron Mk IIっぽい…というか「クリムゾン・キングの宮殿」っぽい音に
なります。これはいい!残念なのは、(勿論、でしょうが)ループ音源になって
いて、音が7秒で止まらないところ。それからリリースが長めで、チープ感を
出したプレイには向かなさそうなところですね。でも中々抜けの良さそうな音
でグッドです。AMP3を通すと高域がグッと強くなるので、EQで適宜高域を
絞るといいです。当然でしょうが全鍵サンプリングじゃないので、「あのkeyの
ヘロヘロ具合がない〜!」と残念になるのは仕方ない。
f)ポリフォニックシンセ、Solinaなど
Solinaは中々感じが出ています。コーラスを掛けるのもいいですが、少々
音がこもります。ポリシンセの音は中々元気のよいものと暗めの音が用意
されていますが、エディットできませんからね〜。どの機種からサンプルを
採ったのでしょう。少なくともPolymoogではなさそう。あの見た目なら
Polymoogの音が幾つか欲しかった…!

見た目程にはインパクトのある機材ではありませんが、「使える度」なら中々なのではないでしょうか。nord electro3あたりと組み合わせて、苦手分野を補い合ったりするといいと思います。上にもう1台鍵盤が乗せられるようになっているとかなり良かったのですけどね…。nordにないアドバンテージが一つ出来るところだったのに残念です。

|

« 久々にA-rajでディナー。 | トップページ | プロの技…! »

楽器とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1249364/31768520

この記事へのトラックバック一覧です: KORG SV-1を試奏:

« 久々にA-rajでディナー。 | トップページ | プロの技…! »